2009年01月12日

思考スピードの経営 ビル・ゲイツ

思考スピードの経営 - デジタル経営教本 (日経ビジネス人文庫)
日本経済新聞社
発売日:2000-11-07
おすすめ度:4.0
おすすめ度3 社会の情報化を見事に言い当てたビル・ゲイツ
おすすめ度4 New Business Paradigm
おすすめ度5 黄金の人生の光と影
おすすめ度3 予言は現実に
おすすめ度4 旬の本

■ 感想 >>>

ビル・ゲイツの「思考スピードの経営」 ビル・ゲイツが唱えるナレッジ・システムを理解するのに適した本。ビル・ゲイツ曰く「情報をいかに収集、管理、活用するか。あなたが勝つか負けるかはそれで決まる。」とても面白い本、ぜひ一読あれ。さすが、ビル・ゲイツと感じるexclamation×2

■ 目次 >>>

第I部 情報の流れは会社の血液だ
 第1章 事実の力で経営しよう
 第2章 あなたのデジタル・ナーバス・システムにはこれができるだろうか
 第3章 ペーパーレス・オフィスを創ろう

第II部 商取引―インターネットがすべてを変える
 第4章 変化のロケットに乗ろう
 第5章 中間業者が生き残るためには付加価値をつけよう
 第6章 顧客に触れよう
 第7章 ウェブ・ライフスタイルを身につけよう
 第8章 ビジネスの境界を変えよう
 第9章 どこよりも早く市場に出そう

第III部 知識管理で戦略思考を改善しよう
 第10章 悪いニュースほど速くつかもう
 第11章 悪いニュースをよいニュースに変えよう
 第12章 数字を把握しよう
 第13章 思考的な仕事に社員を移そう
 第14章 企業のIQを高めよう
 第15章 大きなリスクをとって大きく勝とう

第lV部 ビジネス・オペレーションに洞察力をつけよう
 第16章 社員に権限を与えるプロセスを開発しよう
 第17章 情報技術でリエンジニアリングできる
 第18章 情報技術は戦略資源として扱おう

第V部 特別な事業の教訓は一般にも通用する
 第19章 いかなる医療制度も離れ島ではない
 第20章 政府を国民の手に
 第21章 反応速度が生死を分ける
 第22章 連結された学習社会を創造しよう

第VI部 不測の事態に備えよう
 第23章 デジタル時代に備えよう

■ 著者 >>>

ビル・ゲイツ

ハーバード大学中退。マイクロソフト創業者。
posted by 平蔵 at 00:41 | Comment(0) | ビル・ゲイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

コトラーの戦略的マーケティング フィリップ・コトラー

コトラーの戦略的マーケティング―いかに市場を創造し、攻略し、支配するか
ダイヤモンド社
Philip Kotler(原著)木村 達也(翻訳)
発売日:2000-02
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 マーケティングを科学的に理解する良著
おすすめ度5 引き締まる想い
おすすめ度4 マーケティング思考の原点が学べる
おすすめ度5 「唯一の競争優位は企業としてどこよりも速く学習し、すばやく変化を遂げる能力以外にない」のだ!
おすすめ度5 社会科学の在り方

■ 感想 >>>

フィリップ・コトラーの「コトラーの戦略的マーケティング」 コトラーの経営幹部向けマーケティング・セミナーのエッセンスを初公開した本。グローバリゼーションとインターネットがもたらす新たな機会のための戦略と戦術を述べている。この本も比較的読みやすい。私もマーケティングの神様に近づけるなら年収上がるだろうな。グッド(上向き矢印)

■ 目次 >>>

第1部 戦略的マーケティング
 第1章 世界一流のマーケティングによる高収益ビジネスの構築
 第2章 価値を創造し、伝達するためのマーケティング
 第3章 市場機会の発見とバリュー・オファーの創造
 第4章 バリュー・プロポジションの創造とブランド・エクイティの構築

第2部 戦術的マーケティング
 第5章 マーケティング情報の開発と利用
 第6章 マーケティング・ミックスの策定
 第7章 顧客の獲得、維持、育成
 第8章 顧客価値の創造と伝達

第3部 マーケティング管理
 第9章 より効果的なマーケティングのためのプラニングと組織づくり
 第10章 マーケティング成果の評価とコントロール

第4部 変貌するマーケティング
 第11章 電子マーケティング時代への適応

その他、フィリップ・コトラーの書籍

マーケティング・マネジメント フィリップ・コトラー
マーケティング原理 フィリップ・コトラー

■ 著者 >>>

フィリップ・コトラー

シカゴ大学卒業、シカゴ大学で修士号・マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。ノースウェスタン大学大学院教授。マーケティング研究の世界的権威者。
posted by 平蔵 at 23:21 | Comment(0) | フィリップ・コトラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーケティング原理 フィリップ・コトラー

■ 感想 >>>

フィリップ・コトラーの「マーケティング原理」 マーケティング戦略立案時のバイブル的存在。マーケティングの基本教科書なので必要なテーマを調べるのに向いている。基本フレームは4Pマーケティング[(製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、プロモーション(Promotion)]でありマーケティングの原理原則を学べる。代表作『マーケテイング・マネジメント』と同じく分厚いので読破すると言うよりかはマーケティング辞典として必要な時に必要な箇所を読む。ということになると思いますわーい(嬉しい顔)

■ 目次 >>>

第T部マーケティングとマーケティング・プロセス
 第1章 変わりゆく世界におけるマーケティング
 第2章 戦略計画とマーケティング・プロセス
 第3章 マーケティング環境

第U部
 第4章 マーケティング・リサーチと情報システム
 第5章 消費財市場と消費者の購買行動
 第6章 生産財市場と購買行動
 第7章 競争優位のための市場細分化、ターゲティングおよびポジショニング

第V部マーケティング・ミックスの展開
 第8章 製品およびサービスに関する戦略
 第9章 新製品開発と製品ライフサイクル戦略
 第10章 製品の価格設定
 第11章 製品の価格政策
 第12章 流通チャネルと物流戦略 
 第13章 小売業と卸売業
 第14章 統合型マーケティング・コミュニケーション(IMC)戦略
 第15章 広告、販売促進、広報活動
 第16章 人的販売と販売管理
 第17章 ダイレクト・マーケティングとオンライン・マーケティング

第W部
 第18章 競争的戦略

■ 著者 >>>

フィリップ・コトラー

シカゴ大学卒業、シカゴ大学で修士号・マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。ノースウェスタン大学大学院教授。マーケティング研究の世界的権威者。



■ その他、フィリップ・コトラーの書籍 >>>

マーケティング原理 フィリップ・コトラー
コトラーの戦略的マーケティング フィリップ・コトラー



■ その他、マーケテイングの書籍 >>>

実践的ゲリラマーケティング ジェイ・C・レビンソン
MBAマーケティング グロービス
マーケティング22の法則 アル・ライズ
フォーカス! アル・ライズ


posted by 平蔵 at 23:17 | Comment(0) | フィリップ・コトラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。