2009年02月12日

サラリーマン・リカバリー 大前研一

サラリーマン・リカバリー―会社から自分の人生を取り戻せ
小学館
発売日:2000-07
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 この本、もっと早くめぐりあっていたら、人生も
おすすめ度5 サラリーマン以外の人にもお勧めな、人生の再設計を手助けしてくれる良書
おすすめ度5 会社以外で人生を語れるか
おすすめ度5 第五章は必読。
おすすめ度3 相変わらずの大前節炸裂です。

■ 感想 >>>

大前研一の「サラリーマン・リカバリー」 『サラリーマン・サバイバル』の続編。企業組織に働く人々がそれぞれの年代でどのように働くかべきかを説明してくれている。もはや、単なるサラリーマンでは将来はない、と主張している。う〜ん、その通りなんだけど、私!サラリーマン、、、手(チョキ)

■ 目次 >>>

序章 自分の人生を生きろ
第1章 全員リカバリーが必要だ
第2章 尖ったビジネスマンになろう
第3章 “リカバリー三種の神器”を磨け、使え!
第4章 リカバリーの大前流SAP作戦
第5章 問題解決には何が必要なのか?

その他、大前研一の書籍

企業参謀 大前研一
サラリーマン・サバイバル 大前研一
サラリーマン「再起動」マニュアル 大前研一

■ 著者 >>>

大前研一

早稲田大学卒業、東京工業大学修士号、マサチューセッツ大学博士号を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニー・インクで日本支社長、本社ディレクターを務め、世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーとして活躍。
posted by 平蔵 at 02:12 | Comment(0) | 大前研一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サラリーマン・サバイバル 大前研一

サラリーマン・サバイバル
小学館
発売日:1998-12
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 部下の使い方が参考になった。
おすすめ度5 常に自分の頭で論理的に考える知的ホワイトカラーを目指せ
おすすめ度4 世界的な格差拡大時代のサバイバル指南書
おすすめ度5 気付きを与えてくれる書
おすすめ度4 会社人として今後の生き方に変化が・・

■ 感想 >>>

大前研一の「サラリーマン・サバイバル」 サラリーマンが21世紀を行く抜くために何をなすべきか?を述べている。論調は辛口だが、心に沁みる言葉も多い。やる気・目標を持って仕事に取り組む気持ちにさせてもらえる本。わーい(嬉しい顔)

■ 目次 >>>

第1章 「知的ホワイトカラー」をめざせ
第2章 「知的に怠惰な人」は、リストラの餌食になる
第3章 実力を見極め、向上させる発想法
第4章 世界標準から見た会社の常識・非常識
第5章 年金破綻・ビッグバン時代の資産運用
第6章 デジタル・ネットワーク社会はボーダレス・ワールドだ

その他、大前研一の書籍

企業参謀 大前研一
サラリーマン・リカバリー 大前研一
サラリーマン「再起動」マニュアル 大前研一

■ 著者 >>>

大前研一

早稲田大学卒業、東京工業大学修士号、マサチューセッツ大学博士号を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニー・インクで日本支社長、本社ディレクターを務め、世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーとして活躍。
posted by 平蔵 at 02:09 | Comment(0) | 大前研一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業参謀 大前研一

企業参謀―戦略的思考とはなにか
プレジデント社
発売日:1999-11
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 マニュアル本ではない。思考力を磨くための本。
おすすめ度4 戦略的思考の教え
おすすめ度2 ミスター合理主義
おすすめ度4 実務に活かすイメージを持ちやすい経営書
おすすめ度5 実務用です。

■ 感想 >>>

大前研一の「企業参謀」 日本人が苦手な「戦略的思考」。その必要性を熱く説く大前研一の処女作。ビジネスを成功に導くために必要な戦略的思考の基本を説いた名著。問題点の特定から仮説検証をし解決策を絞り込んでいく戦略立案が学べる。なぜ?日本人は、戦略的思考が苦手なんだろう?ふらふら

■ 目次 >>>

T部 戦略的思考とはなにか
 第1章 戦略的思考入門
 第2章 企業における戦略的思考
 第3章 戦略的思考方法の国政への応用
 第4章 戦略的思考を阻害するもの
 第5章 戦略的思考グループの形成

U部 戦略的経営計画の実際
 第1章 戦略的に考えるということ
 第2章 企業における戦略的思考
 第3章 戦略的思考に基づいた企業戦略
 第4章 戦略的計画の核心

その他、大前研一の書籍

サラリーマン・サバイバル 大前研一
サラリーマン・リカバリー 大前研一
サラリーマン「再起動」マニュアル 大前研一

■ 著者 >>>

大前研一

早稲田大学卒業、東京工業大学修士号、マサチューセッツ大学博士号を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニー・インクで日本支社長、本社ディレクターを務め、世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーとして活躍。
posted by 平蔵 at 02:07 | Comment(0) | 大前研一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。