2008年10月04日

経営パワーの危機 三枝匡

経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)
日本経済新聞社
発売日:2003-03
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 他の作品と同様に引き込まれる一冊
おすすめ度5 若きリーダーが育つまで
おすすめ度5 経営のドキドキ感、たっぷりです!
おすすめ度5 大変勉強になる
おすすめ度5 主人公の成長を疑似体験

■ 感想 >>>

三枝匡の「経営パワーの危機」 ビジネス戦略ストーリー。ストーリ仕立て(ドラマ)で読めるので、一般の経営戦略本に比べると楽しめる一冊。特に、文中に差し込まれている「経営ノート」は参考になる。サブタイトルの「熱きここを失っていないか」からも感じるが、やはり何事も「情熱グッド(上向き矢印)」ありきと感じる一冊。

■ 目次 >>>

第一章 袋小路
第二章 白旗あがる
第三章 混沌の世界
第四章 零への回帰
第五章 成功への絞り
第六章 試練の谷
第七章 飛翔の時
第八章 最後の関門

その他、三枝匡の書籍

戦略プロフェッショナル 三枝匡
V字回復の経営 三枝匡



■ 著者 >>>

三枝 匡

ミスミグループ会長。一橋大学経済学部卒業、スタンフォード大学経営学修士(MBA)。ボストン・コンサルティング・グループなどを経て2001年からミスミグループ。30代から経営の実践を積み重ねて経営戦略を論じる書籍出版。(2008年10月現在)



posted by 平蔵 at 18:44 | Comment(0) | 三枝匡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。