2009年03月13日

私の読書術

私は中小企業で経営管理の仕事をしています。

日々の仕事は、広範囲に渡り、様々な知識を要求されます。実務上、ビジネス書を手に取る機会も多く、多くのビジネス書に支援してもらい仕事をこなしています。グッド(上向き矢印)

あと、自己啓発で著名な方々のビジネス書を読んで来ました。難解で分厚い本ほど意欲的に挑戦していた時期もありました。今は、ポイントのみの斜め読みが多くなり、真の読書家からは遠ざかっています。バッド(下向き矢印)

こんな私の読書術をご紹介します。手(チョキ)

(1)読んでる途中に線を引きまくる

線を引いたり、丸で囲んだり、自分のコメント書いたり、最も重要と思う箇所があるページは角を折り込みます。この作業をしていると、集中力が増して記憶に残る読書が出来ています。よって、私が読んだあとの本は、荒地の中を赤いラインが這ったごとくになっていますわーい(嬉しい顔)

(2)参考になる箇所のキーワードを書き出す

特に気になる箇所はページの角を折り込んでいるので、そのキーワードを必ず書いてみるようにしています。読んで、手で書き、脳に記憶させます。この作業をしていると、おぼろげながら実務に反映できそうなヒントが浮かぶ時があります。ただ、1ヶ月も経つと忘れていますもうやだ〜(悲しい顔)

(3)無理やりでも実務上で実践する

難解な書籍でも、キーワードだけは何となく理解できます。それを、必ず実務上で使ってみるようにしています。自分自身では殻を破れないことは多いですが、実務上で無理やり使ってみると以外な結果が出たりします。私は、大したことのないレポートに応用し大量で難解なレポートになり、上司に叱られた経験ありますふらふら



タグ:読書術
posted by 平蔵 at 18:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。