2009年12月04日

仕事の思想 田坂広志

workideology私の尊敬する上司が退職される時に
一緒にデスク整理を手伝っていて。
私がタイトル『仕事の思想』に大変
興味を持ってしまいお預かりさせて
いただいた本。

私のビジネス人生のバイブルひらめき
なので、何度も読み返しています。



その尊敬する上司は、私に「仕事の進め方・論理的に物事を捉える訓練・職場の人間関係の在り方」を身をもって教えてくれた方でした。今でも良き先輩としてお付き合いしていただいていますわーい(嬉しい顔)

■ 感想 >>>

田坂広志の『仕事の思想』 なぜ我々は働くのか?という問いに対して10のキーワード:思想、成長、目標、顧客、共感、格闘、地位、友人、仲間、未来を取り上げて語りかけてくれます。私は、田坂広志さんはビジネスプロフェッショナルであり哲学者だと尊敬しています。文中の特に私が好きな箇所は下記です。

仕事の報酬は何か? → 人間としての成長
仕事の作品は何か? → 職場の仲間

私は、この本を懇意な同僚・モチベーションの高い部下にプレゼントする癖があり今までに何十冊とプレゼントしてきました。私が仕事をする上の心構えを語る時は、『「仕事の報酬は自分の成長」だからね。』と話続けています。とても読みやすい文体でじんわりと心に響く内容ですので、仕事の壁にぶつかった時にはぜひ手にして読んでみてくださいわーい(嬉しい顔)

■ 目次 >>>

第一話 思想/現実に流されないための錨
第二話 成長/決して失われることのない報酬
第三話 目標/成長していくための最高の方法
第四話 顧客/こころの姿勢を映し出す鏡
第五話 共感/相手の真実を感じとる力量
第六話 格闘/人間力を磨くための唯一の道
第七話 地位/部下の人生に責任を持つ覚悟
第八話 友人/頂上での再会を約束した人々
第九話 仲間/仕事が残すもうひとつの作品
第十話 未来/後生を待ちて今日の務めを果たすとき

■ 著者 >>>

田坂広志

東京大学工学部卒業。東京大学大学院修了、工学博士。日本総合研究所の設立に参画。その後、社会起業家の育成と支援を通じて社会システムのパラダイム転換をめざす、シンクタンク・ソフィアバンクを設立。多摩大学大学院教授。



■ その他、自己啓発の書籍 >>>

人を動かす デール・カーネギー
道は開ける デール・カーネギー
論語の人間学 守屋洋
サラリーマン「再起動」マニュアル 大前研一
サラリーマン・リカバリー 大前研一
サラリーマン・サバイバル 大前研一

※この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています



posted by 平蔵 at 21:06 | Comment(0) | 田坂広志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。