2010年05月16日

テンプレート仕事術 信太明

tenpure3.jpgいつもの駅前本屋、
平積みの中に。


日常業務の
75%を
自動化する


の文字が目にとまり
即時購入わーい(嬉しい顔)

テンプレート化って?


■ 目次 >>>

はじめに
PART1 テンプレート化仕事術のススメ
Chapter1 なぜ仕事にテンプレート化が必要なのか?
Chapter2 仕事をテンプレート化する方法
PART2 テンプレート活用例
Chapter3 メール・連絡・伝達でのテンプレート
Chapter4 営業・商談でのテンプレート
Chapter5 ビジネスの基礎スキル向上テンプレート
Chapter6 マネジメントのテンプレート
あとがき





■ テンプレート化とは? >>>

テンプレート化の定義の確認。(P20)

テンプレートとは、「鋳型」を意味しています。鋳型に熱で溶かした銅や鉄を流し込むことで、同じ銅器や鉄器をいくつでもいくつでも、誰にでも作り出すことが可能です。もちろん、その方が一から器を作り出すより、はるかに速い。このような作業を鋳造と言いますが、これを普段の仕事に生かそうとしたのが、テンプレート仕事術の思想です。

一定のパターンを作っておけば、それを使い回すことで、
いつでも、誰にでも、短期間で、ミスやうっかりを防いで、
効率よく仕事を成し遂げることができる

では、テンプレートの種類は?(P22)

フォーマット…手紙の文例集・書類の定型書式・他
リスト…チェックリスト・データベース・Tips集・他
マニュアル…作業フロー・スクリプト・カルテ・他

■ テンプレート化のメリット >>>

(1)「効率性」ー 仕事の75%は定型化できる
(2)「生産性」ー 25%の付加価値業務に専念できる
(3)「正確性」ー 漏れなく確実に仕事をする
(4)「非属人化」ー 人に仕事を任せることができる


■ 感想 >>>

テンプレート化(フォーマット、リスト、マニュアル)の重要性は理解しているのに、日々の実務に追われて優先順位を下げてしまっていることは猛省。確かに、業務効率追求の最優先事項がテンプレート化であると再認識させられた。

著者:信太さんは、仕事を「定型・否定型」と「属人・非属人」の2軸による分類からテンプレート化の作業を進めるとのこと。そして、テンプレート化推進を判断した後に下記手順でテンプレート作成する。とのこと(P70)

(1)「5W2H」で、その仕事の目的をハッキリさせる。
(2)目的達成するために必要な要素を、「時系列」あるいは「大分類・中分類・小分類」に沿って分類する。
(3)分類した項目をチェックリストやマニュアルなどの枠組みにし、それぞれに、効果的なやり方や注意点など、自分で経験し、記録・保存しておいた知見やコツを当てはめる。

うむ、仕事の基本を押えて当たり前のことを当たり前に整理・判断してテンプレート化を推進するということを終始徹底しているんだな。と改めて、テンプレート化の意味(業務効率追求)を認識させられた。経営幹部・管理職のビジネスパーソンは必読の1冊と思う。(当然、現場社員が自発的にテンプレート化推進することは、もっと素晴らしい!)

最後に余談。信太さんは、テンプレート化の前に、PC(Windows、excel、など)のショートカットキーを覚えるのが先!と断言している。ごく限られたショートカットキーしか使用していない事も猛省。まずは、ショートカットキーから着手だな
わーい(嬉しい顔)

■ 主なテンプレート例 >>>

本書では多岐に渡り具体的なテンプレートがあり参考になる。

日報のテンプレート例(P91)
セミナー準備のテンプレート(P95)
取材準備テンプレート(P96)
メールのテンプレート例(P99)
メールチェックシート(P103)
電話対応スクリプト(P121)
企業の予習チェックリスト(P126)
コーポレートサイトのチェックリスト(P127)
取引先安全度チェックリスト(P130)
初対面でもうち解けて話すためのTips(P133)
新人でも仕事を受注できるヒアリングシート(P139)
説得・交渉のTips(P142)
マイミシュラン(P147)
出張チェックリスト(P153)
やることリスト(P157)
スケジュールテンプレート1(P161)
スケジュールテンプレート2(P165)
大学ノートの使い方テンプレート(P171)
マイ金言集(P175)
自分の価値観を再認識するテンプレート(P186)
残業振り返りフロー(P191)


■ 著者 >>>

信太明(しだ あきら)

アウンコンサルティング株式会社代表取締役。早稲田大学卒業後、リクルート入社。その後、日本ネットワーク研究所、ABCマートを経て、98年にアウンコンサルティングを設立。2005年11月東証マザーズに上場。検索エンジンマーケティング(SEM)の先駆者として、検索エンジン最適化(SEO)や検索連動型広告(P4P)の有効性を広く啓蒙している。


テンプレート仕事術 ―日常業務の75%を自動化する
信太 明
東洋経済新報社
売り上げランキング: 382


※この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

■ その他、仕事術の書籍 >>>

twitter 会社と仕事はこう変わる
頭がよくなる「図解思考」の技術 永田豊志
FREEの正体 週刊ダイヤモンド
「ミス」をきっぱりなくす本 海保博之
大前の頭脳 大前研一






posted by 平蔵 at 21:58 | Comment(0) | 信太明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。