2010年06月27日

ビジネスモデルを見える化する ピクト図解 板橋悟

picto.jpgビジネスモデル。

気にしているようで
身近なビジネスモデルって
理解していない...

ピクト図解で
ビジネスモデルを
見える化
してみよう!!


■ 目次 >>>

Part 1 ビジネスモデルを見抜く
 Chapter 1 ビジネス想像力クイズ
 Chapter 2 ピクト図解とは
 Chapter 3 ビジネスモデルを解読する
Part 2 ビジネスのアイデアを発想する
 Chapter 4 ダイアグラム発想法
 Chapter 5 アナロジー発想法
 Chapter 6 アイデアの風呂敷をたたむ





■ 感想 >>>

板橋悟『ビジネスモデルを見える化する ピクト図解』 「ピクト図解」とは、ビジネスモデルをシンプルな“絵”として描くことで可視化する思考法。ルールは簡単、シンプルな絵記号(ピクトグラム)を用い、ビジネスを「誰が、誰に、何を、いくらで」の4要素を図解すること。常日頃、自分のすぐ側にあるビジネスモデルをピクト図解を用いて考えると、驚くほどの気づきがあるわーい(嬉しい顔)

まず、「ビジネス3W1H(ヒト・モノ・カネの構造)」をつかみ、代表的な8つのビジネスモデルを押さえたうえで、ビジネスモデルを解読していく!そうすると、ビジネスは『交換』であることに気づく。このピクト図解の基本を実行した上で、ダイアグラム発想法(ピクト図解チェックリスト)でビジネスモデルを考えてみる。その結果、経営者視点でビジネスモデルを捉えることが出来て、様々なビジネスモデルのアイディア発送が出来る。

本書を読んで、ビジネスモデル研究を進めてみるつもりだが。頭だけで考えるとピンと来ない。著者が言っている通りに、ピクト図解は手で描くことが重要と思う。頭の中だけではく、手を動かして目で見て頭をフル回転させること。継続努力してみようわーい(嬉しい顔)

本書から、備忘録的に。

ピクト図を描いてみよう

あるビジネスをピクト図解しようとする場合、まず把握しなければならないのが「ビジネス3W1H」です。「5W1H」という言葉はあなたも耳にしたことがあると思います。これは、「いつ(When)」「どこで(Where)」「誰が(Who)」「何を(What)」「なぜ(Why)」「どのように(How)」ですね。文章を書いたり読み解いたりするときにはこれらを意識するとよいといわれています。一方、ビジネスで重要なのは、「誰が(Who)」「誰に(Whom)」「何を(What)」「いくらで(How much)」売って儲けているのかということ。ピクト図解は、実はこのビジネス3W1Hを1枚の図にまとめる手法であるといえます。

代表的な8つのビジネスモデル

@ シンプル物販モデル
ビジネスの主体が商品やサービスを製造・開発し、ユーザーに提供してその対価を受けとるというビジネスモデル(基本形)

A 小売モデル
商品をつくらず、仕入れて売るだけのビジネスモデル

B 広告モデル
商品自体の価格を抑えるかあるいは無料にして、広告で大きく利益をあげるビジネスモデル

C 合計モデル
「合計モデル」とは、消費者を呼び込むための商品を用意し、「ついで買い」を狙うビジネスモデル

D 二次利用モデル
商品を2度、3度と再利用するビジネスモデル

E 消耗品モデル
商品本体の購入の敷居を下げ、付属する消耗品やメンテナンスにお金を使い続けてもらうことで徐々に収益を上げていくビジネスモデル

F 継続モデル
商品やサービスを長期間かつ定期的に使いつづけてもらい、一定の売上を確実にあげていくビジネスモデル

G マッチングモデル
商品・サービスを提供する側とユーザーとを仲介するビジネスモデル

ピクト図解チェックリスト 

@ 足したらどうか
A 分けたらどうか
B 逆転させたらどうか
C 流用したらどうか
D 長さ(時間)を変えたらどうか

↑このチェックリストを利用したダイアグラム発想がポイント。このあたりは、センスだろうな〜(汗)


ピクト図解の3つのメリット

メリット@“経営者の視点”を手に入れられる
メリットA 説明不要で誰とでも共有できる
メリットB 画像パターンを応用してアイデア発想ができる

※ピクト図解は手で描くこと


■ 著者 >>>

板橋悟

インディペンデント・ビジネスプロデューサー。エクスアールコンサルティング株式会社代表取締役・CEO。エデュテインメント・ラボ代表。東京工業大学卒業、リクルート入社。現在はビジネスプロデューサーとして、企業の新商品開発・新規事業開発、右脳プラス左脳型プロデューサーの育成に従事。


ビジネスモデルを見える化する ピクト図解
板橋 悟
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 908


※この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

■ その他、仕事術の書籍 >>>

twitter 会社と仕事はこう変わる
頭がよくなる「図解思考」の技術 永田豊志
FREEの正体 週刊ダイヤモンド
「ミス」をきっぱりなくす本 海保博之
大前の頭脳 大前研一






posted by 平蔵 at 14:32 | Comment(0) | 板橋悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。