2010年07月31日

怒らないこと アルボムッレ・スマナサーラ

ikaranai.jpg喜怒哀楽。

怒りは、最大の
ネガティブエネルギー?

怒らないことで、
円滑な人間関係づくり。

怒らないことって
出来るのか?



■ 目次 >>>

第1章 「怒り」とは何?
第2章 怒りが幸福を壊す
第3章 怒らない人
第4章 怒りの治め方





■ 感想 >>>

『怒らないこと』アルボムッレ・スマナサーラ 著者は、“「怒らないこと」を実践することは、智慧を追及して、もっと幸福になるための道”と説いている。真面目すぎる傾向の自分は、(どれだけ、自分が正しいのか?は置いておいて)自分なりの強固なルール設計しているので、ついつい憤ることが多いあせあせ(飛び散る汗)悟りの境地は、遥か彼方、、、orz

人間は「怒り」と「愛情」で生きている(P15-16)

怒りというのは愛情と同じく、心にサッと現れてくるひとつの感情です。大雑把にいうと、我々人間はこの二種利の感情によって生きていると言えます。ひとつは愛情の感情で、もうひとつが怒りの感情なのです。

世の中の破壊の原因は「怒り」(P22)

この世の中にある、ものをつくり上げる創造の源泉は愛情であって、創造したものを破壊していくのは怒りの感情です。それは、普遍的な、世の中にある二種類のエネルギーの流れです。ですから、強いていえば、愛情と怒りはひとつのセットなのです。

「私は正しい」と思うから怒る(P32)

怒らないほうがよいとわかっているのに、我々はなぜ怒るのでしょう。いつでも、我々には「こういうことで怒ったのです」という理由があります。その理由をひとつひとつ分析してみると、「自分の好き勝手にいろいろなことを判断して怒っている」というしくみがあります。

エゴが妄想概念をつくる(P53)

このような怒りの原因となる妄想概念をつくりだすものはなんでしょうか?それは「我=エゴ」です。エゴがなければ、怒りはそもそも成り立ちません。エゴは「私」「俺」という固定概念のことです。この我々がしがみついている固定概念がすなわちエゴです。エゴから生じる「私を認めてくれなくちゃいけない」などというくだらない思考が、幸福の大きな妨げになります。

笑えば怒りは消える(P181)

怒りを治めるためには智慧が必要ですが、智慧と相性がいいのが「笑い」です。我々は近頃、「笑い」を忘れがちです。「怒り」と「笑い」は両立しませんから、怒らないでいるために、とにかくよく笑うようにしてみてください。人間は笑いを忘れたことによって、ずいぶん不幸になっているのですよ。

自分なりの持論。人間は、感情の生き物。“喜怒哀楽(喜び・怒り・哀しみ・楽しい)”の感情で生きている。“喜び・楽しい”はプラス方向の感情なので素晴らしいこと。逆に、“怒り・哀しみ”はマイナス方向の感情であり、この感情後の出方に2種類の人種が存在すると思う。マイナス方向の感情をプラス方向に転化して前に進むタイプ、マイナス方向の感情を引きずったまま無為な時間を過ごすタイプ。

自分自身、頭の切り替えが下手な人間なので、かなり引きずる。本当に、引きずる。。。なので、いつも意識して自分に語りかけるのが『自分の考え方ひとつでよい方向に持っていける。早く、ここから抜け出したいなら、自分がプラス方向に考え・行動するしかない!後ろを向いて、後悔するな、顔を上げて前進するしかない!!』と。

「怒り」というのは、その人の心の中から生まれてくる感情ですから、ひとつだけ言えます。「自分を直すことができれば、怒りから逃れることができる」そう、やっぱり自分しだいなのです。(P61)

やはり、自己責任原則。「怒らないこと」を実践して、笑顔、豊かな幸福な道を歩もうと思うわーい(嬉しい顔)ただ、怒らないこと!まだまだ自信がない、、、orz


■ 著者 >>>

アルボムッレ・スマナサーラ

日本で活動しているスリランカの上座部仏教(テーラワーダ仏教)の僧侶であり、スリランカ上座仏教シャム派の日本大サンガ主任長老。


怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)
アルボムッレ スマナサーラ
サンガ
売り上げランキング: 477


※この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

■ その他、自己啓発の書籍 >>>

さあ、才能に目覚めよう マーカス・バッキンガム
「原因」と「結果」の法則  ジェームズ・アレン
脳に悪い7つの習慣 林成之
人を動かす デール・カーネギー
仕事の思想 田坂広志







posted by 平蔵 at 12:52 | Comment(0) | アルボムッレ・スマナサーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。