2011年03月18日

みんなで分け合えば、できること。

国内観測史上最大の東北地方太平洋沖地震。この災害の影響を受けた皆様、最愛の方を失った方々に哀悼の意を捧げるとともに、心よりお見舞い申し上げます。1日も早い復旧・復興をお祈りすると共に、1人でも多くの方のご無事を願っています。そして、今も命懸けで救援活動に取り組まれている方々に敬意を表します。

私自身、地震による恐怖を感じたのは初めての経験。会社(都内)で社員の安全確保のため、会社で一夜を過ごして翌日午後に帰宅。自宅は、本棚等の倒壊程度。今は、計画停電・交通機関混乱に不安と疲労を感じるが、被災地の方々の心労に比べると取るに足らないことと痛感。

微力ではあるが、自分の出来る事を継続して行うことで。被災地を含めた日本の復旧・復興のために尽力して行きたいと思う。

日本が世界に誇るべき「和を以て貴しとなす」という“和”の精神は、有事の際に本領発揮するはず。日本のみんなが心を合わせて、国難を乗り切ること。皆は一人の為に、一人は皆の為に。みんなで分け合う“和”の精神で、今の苦難を乗り越えていければと願う。

wakeau.JPG

出典URL↓
http://ow.ly/i/9cxt/original
Takamasa Matsumoto


posted by 平蔵 at 23:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。