2011年06月05日

節電・停電ハンドブック

setsuden.JPG節電の正しい知識。
今まで気にしたことがない。

ちょっと真面目に、
節電について学んで
みようと購入ひらめき

節電、それは…
自分との闘いだなわーい(嬉しい顔)


amazon商品の説明より一部引用

東日本大震災の影響により、東京電力管内の今夏の電力不足は最大で供給能力の約4分の1(約1500万キロワット)にのぼると予測されている。当面の計画停電は実施見送りになったとはいえ、夏場は家庭では25%の節電が求められている上に、需給の逼迫による緊急停電の不安も大きい。「早見表ですぐわかる25%節電術」他、家庭でできる節電・停電対策をイラストとともに簡明に紹介する。




■ 感想 >>>

節電、それは意識で変えられる。でも、どんな節電すればいいのか?よく解らんあせあせ(飛び散る汗)節電・停電ハンドブックを買ってみた。様々な節電テクニックや停電時の備えマニュアルが載っているが。現実的に、自分が取り組めるのは下記わーい(嬉しい顔)
●エアコンの設定温度を1℃上げて10%節電
●白熱電球をLED電球に交換で約87%節電
●照明器具の掃除で20%節電
●冷蔵庫の整理で8%節電
●洗濯機スピードコースを使えば60%節電

あと、一番感動したのが…
●朝型生活に変えれば約23%節電

夏の涼しい朝なら冷房も照明も不要のため、何よりも節電効果がある!王道の正道である、朝早く起きて夜早く寝るわーい(嬉しい顔)

あと、一般的に、消費電力の高い電気機器と言うと。エアコン、冷蔵庫、照明、テレビの順で消費電力が高い認識だったが。本書の消費電力が高い家電機器BEST20の中には、テレビはない!うむうむ、正しい知識に基づいた節電は重要と思う。
≪ 消費電力が高い家電機器 BEST20(P35)≫

01 IHクッキングヒーター(1400〜3000W)
02 エアコン(300〜3000W)
03 トースター(1000〜1400W)
04 ホットプレート(1100〜1300W)
05 食器洗浄機(1100〜1300W)
06 電子レンジ・オーブンレンジ(1000〜1450W)
07 アイロン(1200〜1400W)
08 コーヒーメーカー(650〜1500W)
09 衣類乾燥機(700〜1400W)
10 電気ポット・電気ケトル(900〜1300W)
11 洗濯機(乾燥時)(600〜1200W)
12 ドライヤー(600〜1200W)
13 パネルヒーター(400〜1200W)
14 遠赤ヒーター(250〜1100W)
15 掃除機(850〜1000W)
16 ホットカーペット(500〜800W)
17 布団乾燥機(500〜700W)
18 温水洗浄便座(300〜700Wト)
19 ハロゲンヒーター(300〜1000W)
20 こたつ(300〜600W)

節電、それはダイエットと同じように自分との闘い。ただ、ダイエットは自分ひとりの問題であるが、節電となると、みんなの小さな努力がエネルギー問題を乗り越える一助となるはず。きちんと、頑張ってみようと思うわーい(嬉しい顔)



節電・停電ハンドブック
消費電力研究会 編
双葉社
売り上げランキング: 11691


※この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています




posted by 平蔵 at 23:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。