2011年06月27日

まんがで読破 君主論

kunsyuron.JPGリーダーは、
希望ある未来へ

人々を導く者で
なくてはならない!

マキャヴェッリの『君主論』

冷静かつ情熱的な
リーダーシップの教えわーい(嬉しい顔)





■ 感想 >>>

リーダーは、部下や組織を引っ張って行く者であり、重大な責務を担う者である。リーダーは、自律した職業観・人生観を保有し、優れた技術を駆使して、組織として圧倒的な結果を出す事が求められるひらめき

本書に出てくる、リーダーについての考察わーい(嬉しい顔)
リーダーは、過去の歴史を踏まえ
今という時流を見定めて

その時流をうまくつかみ
大きく空を羽ばたく者になり

さらなる高みを目指すために
己に大きな目標を掲げ

部下たちに夢を与え

希望ある未来へ
人々を導く者でなくてはならない

更なる高みを目指すためにも、皆を希望ある未来へ導くためにも。まずは、自分自身が努力しないとわーい(嬉しい顔)

『君主論』とは、マキャヴェッリによる政治学の著作。歴史上の様々な君主および君主国を分析し、君主とはどうあるものか?君主として権力を獲得し、また保持し続けるにはどのような力量が必要か?などを論じている。

君主論 - Wikipedia

善も悪も超えた、人間の本質を冷徹に見据えたマキャヴェッリの『君主論』。まんがで読破シリーズだけに、簡潔な要約まんがであるが、マキャヴェリズム(目的のためには手段を選ばない、目的は手段を正当化する)を知るきっかけにはなるわーい(嬉しい顔)


君主論 (まんがで読破)
マキアヴェッリ
イースト・プレス
売り上げランキング: 51228


※この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

■ その他、仕事術の書籍 >>>

「やらないこと」から決めなさい! 小山昇
小さなお店のツイッター繁盛論 中村仁
ブレーン・ハッカー デイビッド・マレイ
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン
できる人のスピード仕事術
twitter 会社と仕事はこう変わる
頭がよくなる「図解思考」の技術 永田豊志



posted by 平蔵 at 00:04 | Comment(0) | バラエティ・アートワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。