2008年12月11日

日本の競争戦略 マイケル・E・ポーター

日本の競争戦略
ダイヤモンド社
Michael E. Porter(原著)
発売日:2000-04
おすすめ度:4.0
おすすめ度5 日本経済の競争戦略は日本政府によって阻害されている
おすすめ度4 独創的な着眼点と堅実な論述
おすすめ度5 ポーターによる日本分析
おすすめ度5 多種多様な自由競争市場で生き残れる日本企業を作りだす本
おすすめ度5 日本のサラリーマンなら読んで欲しい本

■ 感想 >>>

マイケル・E・ポーターの「日本の競争戦略」 戦略論の世界的権威:ポーターが、日本企業の成功例・失敗例を分析し、日本企業の打開策となる新たなビジネスモデルを提示。ぴかぴか(新しい)(竹内弘高 共著)日本企業が国際的競争力を模索するためには読んでおく価値あり。

■ 目次 >>>

第1章 国際競争力の日本型モデル
 危険な前兆
 通説を問い直す
 本研究の概要

第2章 日本型政府モデルの再考
 日本型政府モデルの起源
 日本型政府モデルの構成要素
 日本の成功産業における政府の役割
 日本の失敗産業における政府の役割
 日本型政府モデルの検証
 要約
 【コラム1】ケーススタディの方法
 【コラム2】成功産業におけるカルテルの役割

第3章 日本型経営の再検討
 日本型企業モデル
 内的整合性のとれたシステム
 危険な前兆
 オペレーション効率による競争
 戦略なき競争
 戦略による競争
 新たなルールを証明する例外的日本企業
 要旨

第4章 日本の競争力の源泉
 経済繁栄と生産性
 競争力と日本のビジネス環境
 日本の競争力に関する統計分析結果
 競争力に対する政府の役割
 結論

第5章 日本はいかにして前進すべきか:政府への課題提言
 政策決定者が考えるべき優先課題
 政府の新しい役割
 日本人の可能性を活かす
 結論

第6章 日本企業を変革する
 日本企業が取り組むべき新たな課題
 新しい日本企業
 結論

第7章 日本は競争できるか
 日本は変われるか
 変革への契機
 新しい日本型モデルの必要性

その他、マイケル・E・ポーターの書籍

競争の戦略 マイケル・E・ポーター
競争戦略論T マイケル・E・ポーター
競争戦略論U マイケル・E・ポーター

■ 著者 >>>

マイケル・E・ポーター

プリンストン大学卒業、ハーバード大学ビジネススクール修士課程終了。1973年以来、ハーバード大学ビジネススクールで教鞭をとり、1982年に同校の史上最年少で正教授。多くの企業の経営戦略アドバイザーも務める。競争戦略における世界的権威。
posted by 平蔵 at 17:57 | Comment(0) | マイケル・E・ポーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競争戦略論U マイケル・E・ポーター

■ 感想 >>>

マイケル・E・ポーターの「競争戦略論U」 ポーターの論文で「ハーバード・ビジネス・レビュー」に掲載されたものを中心に抜粋。「競争戦略論T」に関しては、日本企業が直面する課題を扱い、経営戦略・競争優位・多角化などが論じられている。「競争戦略論U」に関しては、グローバル経済における地域の役割・国境を越えた競争の特性についてが論じられている。特に第2章のクラスター理論(特定分野における関連企業などが地理的に集中し競争&協力している状態)を解りやすく説明してくれている。グローバルでなくとも自分の所属する企業の実態をクラスター理論で考えてみると違う角度から物事が見えてきますわーい(嬉しい顔)

■ 目次 >>>

第1章 国の競争優位
第2章 クラスターと競争
第3章 グローバル企業に学ぶ勝ち方
第4章 多くの立地にまたがる競争
第5章 資本の損失

■ 著者 >>>

マイケル・E・ポーター

プリンストン大学卒業、ハーバード大学ビジネススクール修士課程終了。1973年以来、ハーバード大学ビジネススクールで教鞭をとり、1982年に同校の史上最年少で正教授。多くの企業の経営戦略アドバイザーも務める。競争戦略における世界的権威。

競争戦略論〈2〉
ダイヤモンド社
発売日:1999-08


■ その他、マイケル・E・ポーターの書籍 >>>

競争の戦略 マイケル・E・ポーター
競争戦略論T マイケル・E・ポーター
日本の競争戦略 マイケル・E・ポーター

■ その他、戦略論の書籍 >>>

ビジョナリー・カンパニー ジェームズ・C・コリンズ
トム・ピーターズの経営破壊 トム・ピーターズ
戦略プロフェッショナル 三枝匡
経営パワーの危機 三枝匡
V字回復の経営 三枝匡


posted by 平蔵 at 12:19 | Comment(0) | マイケル・E・ポーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

競争戦略論T マイケル・E・ポーター

競争戦略論〈1〉
ダイヤモンド社
Michael E. Porter(原著)竹内 弘高(翻訳)
発売日:1999-06
おすすめ度:4.0
おすすめ度5 改めて日本の競争戦略の必要性について気づかされました
おすすめ度3 「何をするか」ではなく「何を行わないか」の重要性
おすすめ度3 ポーターというだけでは?
おすすめ度5 社会科学のムツカシサ
おすすめ度2 大企業にしか通用しないと思います。

■ 感想 >>>

マイケル・E・ポーターの「競争戦略論T」 ポーターの論文で「ハーバード・ビジネス・レビュー」に掲載されたものを中心に抜粋。競争戦略論Tに関しては、日本企業が直面する課題を扱い、経営戦略・競争優位・多角化などが論じられている。もっと、私がグローバル企業の経営戦略部門に在籍してるなら活かせるのにな〜ひらめき

■ 目次 >>>

第1章 競争要因が戦略を決める
第2章 戦略とは何か
第3章 情報をいかに競争優位につなげるか
第4章 衰退産業における終盤戦略
第5章 競争優位から企業戦略へ

その他、マイケル・E・ポーターの書籍

競争の戦略 マイケル・E・ポーター
競争戦略論U マイケル・E・ポーター
日本の競争戦略 マイケル・E・ポーター

■ 著者 >>>

マイケル・E・ポーター

プリンストン大学卒業、ハーバード大学ビジネススクール修士課程終了。1973年以来、ハーバード大学ビジネススクールで教鞭をとり、1982年に同校の史上最年少で正教授。多くの企業の経営戦略アドバイザーも務める。競争戦略における世界的権威。
posted by 平蔵 at 12:10 | Comment(0) | マイケル・E・ポーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

競争の戦略 マイケル・E・ポーター

競争の戦略
競争の戦略
posted with amazlet at 10.08.08
M.E. ポーター
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1349
おすすめ度の平均: 4.5
5 「古い」とか関係なし・・・バーニーもポーターを前提にRVBを組み立てている
5 ある種のパラダイムシフトできる一冊
5 HBRの2008JAN号に最新のUPDATEあり
5 自社中心の競争戦略論の一考察である
4 隅々まで読む必要はありません

■ amazon商品の説明より引用 >>>

産業が違い、国が違っても競争戦略の基本原理は変わらない。戦略論の古典としてロングセラーを続けるポーター教授の処女作。企業の再発進は定評あるポーター戦略論から初版刊行後10年、経営戦略論の古典として、本書の地位はますます揺るぎないものとなった。今回の増刷を機に、省略していた原注。参考文献を付し、内容の一層の充実をはかった。
■ 感想 >>>

マイケル・E・ポーターの「競争の戦略」 「競争」という概念と基本的な枠組みを知ることができる古典。日本企業の問題点は競争戦略の策定能力の弱さにあると言われるが、競争戦略論のバイブルである本書を読んで知識向上してみては。手(チョキ)他の分厚い戦略本に比べると解かりやすい。




■ 目次 >>>

T 競争戦略のための分析技法
 1 業界の構造分析法
 2 競争の基本戦略
 3 競争業者分析のフレームワーク
 4 マーケット・シグナル
 5 競争行動
 6 買い手と供給業者に対する戦略
 7 業界内部の構造分析
 8 業界の進展・変化

U 業界環境のタイプ別競争戦略
 9 多数乱戦業界の競争戦略
 10 先端業界の競争戦略
 11 成熟期へ移行する業界の競争戦略
 12 衰退業界の競争戦略
 13 ぐるーばる業界の競争戦略

V 戦略デシジョンのタイプ
 14 垂直統合の戦略的分析
 15 キャパシティ拡大戦略
 16 新事業への参入戦略

その他、マイケル・E・ポーターの書籍

競争戦略論T マイケル・E・ポーター
競争戦略論U マイケル・E・ポーター
日本の競争戦略 マイケル・E・ポーター

■ 著者 >>>

マイケル・E・ポーター

プリンストン大学卒業、ハーバード大学ビジネススクール修士課程終了。1973年以来、ハーバード大学ビジネススクールで教鞭をとり、1982年に同校の史上最年少で正教授。多くの企業の経営戦略アドバイザーも務める。競争戦略における世界的権威。

競争の戦略
競争の戦略
posted with amazlet at 10.08.08
M.E. ポーター
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1349
おすすめ度の平均: 4.5
5 「古い」とか関係なし・・・バーニーもポーターを前提にRVBを組み立てている
5 ある種のパラダイムシフトできる一冊
5 HBRの2008JAN号に最新のUPDATEあり
5 自社中心の競争戦略論の一考察である
4 隅々まで読む必要はありません


posted by 平蔵 at 22:55 | Comment(0) | マイケル・E・ポーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。