2009年03月12日

考える技術・書く技術 バーバラ・ミント

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
ダイヤモンド社
Barbara Minto(原著)山崎 康司(翻訳)
発売日:1999-03
おすすめ度:4.5
おすすめ度4 なかなかできないんですよねえ
おすすめ度5 書くというテーマを通じて、考えるという本質論に踏み込む名著
おすすめ度5 文章は、技能の結晶
おすすめ度3 役に立ちました
おすすめ度3 論理は学べないが、わかりやすい文章は学べる

■ 感想 >>>

バーバラ・ミントの「考える技術・書く技術」 書く技術は考える技術と関わってくる。よりよく書くためには、よりよく考えなければならない。その原則を、ピラミッド構造として教えてくれる本。ビジネスパーソンの強力なツールとなるので、ぜひ!一読あれひらめき

■ 目次 >>>

第1部 書く技術
 第1章 なぜピラミッド構造なのか?
 第2章 ピラミッドの内部構造はどうなっているのか?
 第3章 ピラミッド構造はどうやって作るのか?
 第4章 導入部はどう構成すればいいのか?
 第5章 演繹法と帰納法はどう違うのか?

第2部 考える技術
 第6部 ロジックの順序に従う
 第7部 グループ内の考えを要約する

第3部 問題解決の技術
 第8章 問題を定義する
 第9章 問題分析を構造化する

■ 著者 >>>

バーバラ・ミント

ハーバードビジネススクール卒業。大手コンサルティングファームのマッキンゼーでコンサルティングに従事し、文書作成に関する能力が評価され、ヨーロッパスタッフのレポート作成指導責任者。1973年に文章作成・分析などを指導する専門家として独立。
posted by 平蔵 at 02:25 | Comment(0) | バーバラ・ミント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。