2009年06月25日

人を動かす デール・カーネギー

人を動かす 新装版
人を動かす 新装版
posted with amazlet at 10.01.11
デール カーネギー Dale Carnegie 山口 博
創元社
売り上げランキング: 55
おすすめ度の平均: 5.0
5 社会人必読、人間関係の「法律書」
5 すごい本です
5 人生にとって大きなヒントを与えてくれる
5 この本に出会えたことに感謝
4 「ほめる」という行為

■ 感想 >>>

デール・カーネギーの「人を動かす」 私が学生時代に出会った最良の本です。わーい(嬉しい顔)結局、ビジネスの世界も最後は人間関係。人との人間関係を円滑な状態にするには自分の心掛けでしかなく、その人間関係の多くの答えを教えてくれる本。具体的な事例が豊富にあるので、自分の人間関係シーンのひとコマと重なり、自己反省させてくれる。

家族、友人、職場の上司・部下、どんな環境であれ人間関係で成立しているのが社会生活。自分の思う様に、他人を帰ることは絶対に不可能。良好な人間関係を構築するには『自分自身が人間関係のポイントを理解し能動的に自分から働きかけなければならない』。そのための方法論が解りやすく展開されている。

ビジネスでの成功を目指すにあたり、まずはビジネスの礎となる『人間関係』について学ぶ必要がある。素晴らしい人間関係を構築し、素晴らしい人生を歩めために、この本を何度も繰り返し読むことをお勧めします。わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

■ 内容 >>>

●人を動かす三原則
(1)批判も非難もしない。苦情もいわない。
(2)卒直で、誠実な評価を与える。
(3)強い欲求を起こさせる

●人に好かれる六原則
(1)誠実な関心を寄せる。
(2)笑顔で接する。
(3)名前は、当人にとって、最も快い、最も大切なひびきを持つことばであることを忘れない。
(4)聞き手にまわる。
(5)相手の関心を見抜いて話題にする。
(6)重要感を与える―誠意をこめて。

●人を説得する十二原則
(1)議論に勝つ唯一の方法として議論を避ける。
(2)相手の意見に敬意を払い、誤りを指摘しない。
(3)自分の誤りをただちにこころよく認める。
(4)おだやかに話す。
(5)相手が即座に“イエス”と答える問題を選ぶ。
(6)相手にしゃべらせる。
(7)相手に思いつかせる。
(8)人の身になる。
(9)相手の考えや希望に対して同情を持つ。
(10)人の美しい心情に呼びかける。
(11)演出を考える。
(12)対抗意識を刺激する。

●人を変える九原則
(1)まずほめる。
(2)遠まわしに注意を与える。
(3)まず自分の誤りを話した後、注意を与える。
(4)命令をせず、意見を求める。
(5)顔を立てる。
(6)わずかなことでも、すべて、惜しみなく、心からほめる。
(7)期待をかける。
(8)激励して、能力に自信を持たせる。
(9)喜んで協力させる。

※私は、社会人になる前に上記の内容を紙に書き起こし財布に入れました。未だに、その紙は財布の中でボロボロの状態で入っています。時折、読み返し、人間関係のバイブルとして私を支えてくれています。
action
↑本当に、ボロボロです。。。

※本のタイトル「人を動かす」ですが、原書のタイトル「How to Win Friends and Influence People(友人よりも、人に影響を与える方法)」ですので、決して高圧的に人をコントロールしようとする本ではありません。

その他、デール・カーネギーの書籍

道は開ける デール・カーネギー
カーネギー名言集 デール・カーネギー

■ 著者 >>>

デール・カーネギー

様々な職業を経て、D・カーネギー研究所設立。人間関係の先駆者と言われている人。

※この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています



posted by 平蔵 at 17:33 | Comment(1) | デール・カーネギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

カーネギー名言集 デール・カーネギー

カーネギー名言集 新装版
創元社
発売日:2000-10
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 人生の座右の書。
おすすめ度5 出会えて良かった本
おすすめ度5 人生の哲学書であり信念を持って自分らしく生きる秘訣
おすすめ度3 カーネギー名著の名言集だが散逸感が・・・。
おすすめ度5 若い世代こそ

■ 感想 >>>

デール・カーネギーの「カーネギー名言集」 多くの成功者の方々の愛と希望と勇気に満ちた言葉を集めた本。いろんなことに自信がなくなった時、人間関係に悩んだ時、仕事について考え込んでしまった時、自分自身を見失った時、枕元にでも置いておいて、気になる言葉を読んでみると明日への活力をもらえる本。わーい(嬉しい顔)

文中の私が好きな言葉。↓

自分で自分のチャンスを作り出す人間は100%成功する。
人に尽くす喜びだけを生き甲斐にしようではないか。
他人のことに感心を持たない人は、苦難の人生を歩む。
親切は相手が好きだという「しるし」である。
堂々と自分の方から謝まろう。
勤勉によって偉人になるのである。
成功するかどうかはその人の能力より情熱に負う所が大きい。
何事かをやり遂げんと冒険を試みる方が人生にふさわしい。
全力を尽くして生きよ。


■ 目次 >>>

第一章 いかにして自信を得るか
第二章 信ずる心
第三章 人間関係について
第四章 仕事について
第五章 自分自身について

その他、デール・カーネギーの書籍

人を動かす デール・カーネギー
道は開ける デール・カーネギー

■ 著者 >>>

デール・カーネギー

様々な職業を経て、D・カーネギー研究所設立。人間関係の先駆者と言われている人。
posted by 平蔵 at 22:49 | Comment(0) | デール・カーネギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

道は開ける デール・カーネギー

道は開ける 新装版
創元社
発売日:1999-10
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 悩み癖のある方にお勧め
おすすめ度4 生きる励みになる
おすすめ度5 古典にして最新の自殺防止マニュアル
おすすめ度5 悩みに押しつぶされそうな人にオススメです
おすすめ度5 この本を読んでさえいれば今もあの人は生きていた

■ 感想 >>>

デール・カーネギーの「道は開ける」 悩みに関して、理論的なアプローチや豊富な事例を盛り込んで悩みを乗り越える方法論が書かれている。何かに悩んだ時に役に立つ本。この本を読むと感じるが、『何事も心ひとつの置き所』自分のプラス思考や前向きな取り組みでほとんどの悩みは解消されるのかも知れない手(パー)

■ 目次 >>>

第一部 悩みに関する基本事項
第二部 悩みを分析する基礎技術
第三部 悩みの習慣を早期に断とう
第四部 平和と幸福をもたらす精神状態を養う七つの方法
第五部 悩みを完全に克服する方法
第六部 批判を気にしない方法
第七部 疲労と悩みを予防し、活力と精神を充実させる六つの方法
第八部 「私はいかにして悩みを克服したか」

その他、デール・カーネギーの書籍

人を動かす デール・カーネギー
カーネギー名言集 デール・カーネギー

■ 著者 >>>

デール・カーネギー

様々な職業を経て、D・カーネギー研究所設立。人間関係の先駆者と言われている人。
posted by 平蔵 at 22:48 | Comment(0) | デール・カーネギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。