2009年08月20日

企業分析入門 K・G・パレプ

■ 感想 >>>

K・G・パレプの『企業分析入門』 会計情報から如何に企業を評価するか?豊富な事例で様々な説明をしてくれている。ハーバード・ビジネス・スクールの定番テキスト。財務諸表分析から鍵となる経営戦略分析、会計分析、財務分析、将来性分析の要素が明らかにされている。ただ、私には専門的すぎて斜め読みになってしまった。。。財務諸表を通じて企業分析・評価を行う業務の方は必読書ですわーい(嬉しい顔)

■ 目次 >>>

第I部 序論
 1 財務諸表を利用した企業分析および評価のフレームワーク

第U部 企業分析の道具
 2 経営戦略分析
 3 会計分析の概観
 4 資産の分析
 5 負債および持分の分析
 6 収益の分析
 7 費用の分析
 8 会計エンティティー分析
 9 財務分析
 10 将来性分析:予測
 11 将来性分析:評価理論と概念
 12 将来性分析:企業評価の実際

第V部 企業分析の応用
 13 株式分析
 14 債権分析と財務危機の予測
 15 企業買収
 16 企業の財務政策
 17 経営者による情報公開

第W部 企業分析の事例
 America Online,Inc.
 The Home Depot,Inc.
 Maxwell Shoe Company Inc.
 Schneider and Square D
 The Gap,Inc.

■ 著者 >>>

K・G・パレプ

インドのアンドーラ大学で物理学の学士と修士、米国マサチューセッツ工科大学において博士取得。ハーバード大学ビジネス・スクール教授。

企業分析入門 第2版
東京大学出版会
発売日:2001-12-17


■ その他、会計・財務の書籍 >>>

企業評価と戦略経営 トム・コープランド
EVA創造の経営 G・ベネット・スチュワートV


posted by 平蔵 at 22:01 | Comment(0) | K・G・パレプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。