2009年09月21日

最強組織の法則 ピーター・M・センゲ

senge

■ 感想 >>>

ピーター・M・センゲの『最強組織の法則』 ラーニング・オーガニゼーション(学習する組織)の理論・実践の手引書。「ビジネスウィーク」では、このラーニング・オーガニゼーション(学習する組織)をリエンジニアリング、コア・コンピタンスと共に3大経営コンセプトと紹介している。ラーニング・オーガニゼーション(学習する組織)を構築するには、(1)システム思考(2)個人の視野を明確にする自己マスタリー(3)固定化されたイメージであるメンタル・モデルの克服(4)共有ビジョンの学習(5)チーム学習の5つの要素が必要とのこと。管理職の立場の方はぜひ読んでおくべき1冊。リーダーシップの在り方も学べますよわーい(嬉しい顔)

■ 目次 >>>

第1部 最強組織の条件
ラーニング・オーガニゼーションとは何か
 1 「充分長いてこがあれば、片手で世界を動かしてみせよう」
 2 組織はかく思考する
 3 システムの囚人、考え方の囚人?
第2部 システム思考革命
ラーニング・オーガニゼーションの中核ディシプリン
 4 システム思考の法則
 5 考え方をシフトする
 6 現象を支配するパターンを見抜く
 7 レバレッジの原則
 8 木も見て森も見る
第3部 ラーニング・オーガニゼーションの構築
 9 自己マスタリー
 10 メンタル・モデルの克服
 11 共有ビジョン
 12 チーム学習
第4部 創造への課題
 13 組織の「分権化」
 14 管理職の時間
 15 仕事と家庭の対立が終わる
第5部 組織学習の新しいテクノロジー
 16 マイクロワールド1
 17 マイクロワールド2
 18 マイクロワールド3
 19 新しいリーダーシップ

■ 著者 >>>

ピーター・M・センゲ

マサチューセッツ工科大学上級講師。『最強組織の法則 新時代のチームワークとは何か』はハーバード・ビジネス・レビュー誌より、過去75年における最も優れた経営書の1つであると評価される。



■ その他、経営関連の書籍 >>>

コア・コンピタンス経営 G・ハメル
ビジョナリー・カンパニー ジェームズ・C・コリンズ
ビジョナリー・カンパニー2 ジェームズ・C・コリンズ
企業分析入門 K・G・パレプ
企業評価と戦略経営 トム・コープランド
EVA創造の経営 G・ベネット・スチュワートV
経営パワーの危機 三枝匡


posted by 平蔵 at 22:19 | Comment(0) | ピーター・M・センゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。