2009年09月21日

シナリオ・プランニング キース・ヴァン・デル・ハイデン

■ 感想 >>>

キース・ヴァン・デル・ハイデンの『シナリオ・プランニング』 シナリオ・プランニングとは、シナリオを作成し、そのシナリオを使って戦略を立てることの2つのプロセスのこと。最良のケース・最悪のケース・予測できるシナリオという3つのシナリオを作成し対応策を立てておくことで、どのようなことが起ころうと慌てずに対処することができる。 難解なビジネス書ではあるが、企画部門の方は必読の一冊わーい(嬉しい顔)

■ 目次 >>>

第1部 背景編
 第1章 シェルの5つの発見
 第2章 経営戦略論の3学派

第2部 基礎編
 第3章 ビジネス・モデルを効果的に機能させる
 第4章 不確実性に対処する
 第5章 シナリオとビジネス・モデルの適合を図る
 第6章 組織におけるシナリオ・プランニング

第3部 実践編
 第7章 シナリオ・アジェンダを設定する
 第8章 ビジネス・モデルを議論する
 第9章 競合ポジション分析
 第10章 シナリオを策定する
 第11章 戦略オプションを表出させる

第4部 制度編
 第12章 変化のマネジメント
 第13章 プランニング・プロセス
 第14章 戦略的対話の手引き

■ 著者 >>>

キース・ヴァン・デル・ハイデン

ロイヤル・ダッチ・シェルにて戦略立案責任者。ストラスクライド大学ビジネススクール(GSB)のシナリオ・プランニング未来研究センターのディレクター。



■ その他、論理思考の書籍 >>>

戦略プロフェッショナル 三枝匡
考える技術・書く技術 バーバラ・ミント
企業参謀 大前研一
戦略シナリオ 齋藤嘉則
問題解決プロフェッショナル 齋藤嘉則


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。