2009年10月29日

論語の人間学 守屋洋

rongo学生時代も含めて守屋洋さんの
中国古典シリーズは多読した
時期があります。

今の私の人間関係の礎(哲学)
を教えてくれました。

中国古典に興味がある方は、
守屋洋さんの書籍から
読み始めるのが良いと思うわーい(嬉しい顔)

▼ 続きを読む…
posted by 平蔵 at 01:10 | Comment(0) | 守屋洋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。